Apple Watchにケースは必要

apple watch買い物
スポンサーリンク

Apple Watchにケースは必要か?
迷う人も多いと思いますが、必要です。画面に貼る保護フィルムではなく、ケース(カバー)を使うことをおススメします。

画面保護フィルムでは不十分

Apple Watchは腕時計です。

腕時計、傷が付いたりしていませんか?
ラッシュ時の山手線のような激混みの環境で通勤していたりすると、いつの間にか傷が付いたりしています。Apple Watchも、同じように傷がつくのではないでしょうか?

液晶画面はタッチすることも多いので、スマホと同じように保護フィルムを貼ろうと思う人も多いと思います。でも、Apple Watchは腕に着けているものであって、スマホのように使わないときにしまい込むものではありません。

そう考えると、スマホよりも外に出していることが多いですから、画面の保護だけでは十分とは言えないでしょう。

ケースの選び方

ケースと言うと、しまうときの入れ物のようにも受け取れてしまいます。カバー?
調べてみると、いろいろな種類が見つかりますね。本体部分を丸ごとカバーするタイプ、画面の部分は開いているタイプ、バンドと一体になったタイプ。
気に入ったものでいいと思いますが、注意した方がいい点をあげてみます。

ケースのみ+保護フィルムよりもケースと保護カバー一体タイプを

保護フィルムは、画面に傷がつくことは防げますが、衝撃から守れるかというと、疑問です。画面の部分も透明のカバーがついた、一体型がよいでしょう。

ただ、画面タッチの感度を悪くせずに衝撃から守れるようにするというのも難しいところだと思うので、過信はしないでおきましょう。

外すのがそれほど面倒ではないもの

手を洗ったり、降り始めた雨の中を走ったりして、本体とケースの間に水滴が入ってしまうことがあります。画面の部分に入ってしまうと、思うように画面をタッチできなくなります。
水滴が入ってしまうとはいえ、本体とケースの隙間はあまりなく、自然乾燥は期待できません。ケースを外して、水滴をふき取る必要があります。

頻繁に起こることではないと思いますが、道具を使わずに付け外しの行えるもののほうがよいです。

ケースをつけたままでも充電できるもの

電池の持ちが改善されてきているとはいえ、毎日or一日おきに充電する必要があります。
充電の度にケースを外すのは面倒ですし、ケースにも取り付け・取り外しで力がかかるので、壊れやすくなります。

ケースを外さずに充電できるものを選びましょう。

Apple Watch 充電

AMOVO Apple Watch 用 44mm ケースを使っています

注意すべき点がわかっても、買おうとしている商品がどうなっているかは、なかなかわからないことが多いです。最近は、通販サイトの商品レビューもあてにならないものが多いですし。

そういうこともあって、自分が今使っている商品を紹介します。2年くらい使っていますが、付けたまま充電できますし、外すのも簡単です。

「あとで買う」を見てみたら、違う商品が2,3個入っていました。期待外れだった場合に買うものも選んでいたみたいです。
特に不便は感じていないので、次もこれを買うでしょう。

タイトルとURLをコピーしました