ハリーポッター:魔法同盟 チェスの部屋 攻略のチャンス!2020年11月のコミュニティ・デイ

魔法同盟-2020年11月のコミュニティ・デイ 魔法同盟

このイベントでは、登録簿チェスの部屋にある痕跡が対象です。このページも含め全部で6ページあるホグワーツの伝説は、痕跡をそろえるのがたいへんです。この機会にチェスの部屋の痕跡を集中的にあつめて、プレスティージさせましょう。

コミュニティ・デイ イベント内容

公式サイトのアナウンスはこちら。日本語の記事は用意されなくなったようです。

November Community Day
Witches and Wizards, November Community Day is all day Saturday, November 14 from 12:01 a.m.–11:59 p.m. local time.

日本語での公式ツイートはあります。

こちらの一連のツイートを確認しておきましょう。

魔法薬の調合にマスターノートを唱えるとか、奮起薬の使用とか、準備しておいたほうがよさそうなタスクがあります。
痕跡検知ドリンクや奮起薬の調合時間短縮もあるので、レベル上げが必要であれば、この機会にたくさん作っておきましょう。

イベント攻略に備えて

光り輝くものイベントや魔法使いの週末イベントとは異なり、期間は一日です。各タスクの難易度は高くありませんが、時間切れにならないよう、事前にタスクを確認して攻略方法を考えておきましょう。

奮起薬を7個以上用意しておく

奮起薬の使用×7 というタスクがあるので、事前に用意しておきましょう。魔法薬の調合のタスクもあるので、7個でなくても大丈夫でしょう。

調合時間の短い魔法薬の材料を集めておく

魔法薬の調合にマスターノートを唱える×4 というタスクがあります。痕跡検知ドリンクや(普通の)奮起薬、治癒薬など、調合時間の短い魔法薬の材料を集めておきましょう。

特別任務の攻略方法を考える

コミュニティ・デイは一日のイベントなので、時間切れにならないように注意する必要があります。
といっても、魔法薬の調合の時間は見積もれるので、痕跡の回収に注力すれば大丈夫でしょう。

  • イベント開始後に痕跡検知ドリンクの調合を開始。マスターノートを唱えれば30分で完成する。
  • 次に作る分の材料はセットしない。マスターノート唱え忘れで材料を使ってしまうことを避ける。
  • 魔法使いチャレンジのタスクに取り掛かる。早い時間であれば熱心なプレーヤーが集まっているだろうから、あっさりクリアできるはず。
  • 痕跡検知ドリンクを飲んで痕跡の回収に取り掛かる。奮起薬を使わないと、手間取るかも。

緊急手段の確認

特別任務が思うように進まなかったときの対応も考えておきます。

  • 調合を開始してマスターノートを唱えたのち、コインを使って魔法薬を完成させる。タスクは「マスターノートを唱える」であって魔法薬の完成ではないので、4回目にマスターノートを唱えた魔法薬は、完成しなくてもよい。
  • 調合に必要な材料がなければ、コインを使って入手する。
  • 奮起薬がなければ、ダイアゴン横丁で購入する。
  • 魔法使いチャレンジでメンバーが集まらなければ、LINEのオープンチャットや魔法同盟のDiscordなど、プレーヤーのいるところで相談する。

痕跡の回収タスクだけは、頑張ってクリアするしかなさそうです。痕跡検知ドリンクを飲んだり、パリオ・ヴェスティジウスを使ったりして、痕跡の出現率を上げましょう。そして、奮起薬を使って、現れた痕跡は確実に回収しましょう。

チェスの部屋のプレスティージに向けて

チェスの部屋には5つのイメージがあります。
プレスティージに必要な各痕跡の数をまとめていますが、マップに出現する3つは今回のイベントのタスクに設定されており、必要な数はそろえられるでしょう。また、空飛ぶ鍵も、イベントのポートキーかばんを開ければ出現します。魔法使いのチェスのクイーンは、イベント期間中は魔法使いチャレンジでホグワーツの伝説のルーン石を使えばそれなりにドロップするでしょう。
ただ、空飛ぶ鍵も魔法使いのチェスのクイーンも、銀枠にするには14個、金枠にするには21個必要です。銀の鍵を併用すれば空飛ぶ鍵はなんとかなりそうですが、魔法使いのチェスのクイーンは厳しそうです。

イベントをうまく利用しよう

特にホグワーツの伝説魔法ゲーム・スポーツ部は、ページ数が多いため、各ページを金枠にするのはなかなか大変です。イベントを利用して、必要な痕跡を集めてプレスティージさせましょう。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ ← 参加しました。クリックお願いします。

コメント、トラックバック

No Trackbacks.

タイトルとURLをコピーしました