FXを再開した去年の結果は

コイン 暮らし

アベノミクスでのレート変動に取り残されて、泣く泣く損切りしたFX。「収入源は複数ないと危険だよね」と、再開することにしたのは去年の1月でした。
年間の売買の報告書がきたので、去年の結果をみてみます。

【注意】
本コンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではありません。場合によっては損失が生じることがございます。リスクについて十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任においてご利用ください。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切の責任を負うことはありません。

豪ドル/円

だいたいプラス20%。ゴールデンウィークのあたりで大きく変動したとき、欲張ってショートポジション取ったものの決済できないものが結構残っていて、ちょっと辛いです。

とはいえ、少し時間を割くだけでちゃんと結果が出るのだから、グルトレという手法はすごいです。いろいろ試行錯誤しながらこの結果なので、ちゃんとやれる人はもっとプラスになっているのでしょう。

カナダドル/円

18%くらい。USドルよりは安いので、グルトレでやってみました。
こちらは損切りしたので、変なところにポジションが残っている、ということはないです。

ループイフダンとか裁量とか

秋になって、他の手法もお試しで始めてみました。様子見ということで小額でやっているので、すこーしマイナスという程度で済んでいます。

反省点

価格の変動につられてポジションを増やしてしまったのは、よくなかったです。ポジションを持たなければマイナスになることはないので、「範囲外」として切り捨てる勇気が必要でした。

ネットには情報がたくさんありますが、自分の知識が不足していると、その情報を適切に捉えることが難しいです。やはり、入門書は一通り目を通しておくべきだと思いました。
そういう意味では、グルトレをネットの情報だけで始めたのは無謀でしたが、結果オーライということで。

Bitly

トレンド相場に備えて

昨年はうまくプラスで終わりましたが、危なっかしい1年でもあったのかなぁと。
今年は秋の大統領選の後で大きく変わりそうな気がするので、使える手法を増やすべく、時間を割きます。

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版
一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

まずは入門書で大枠を知るところから。有名トレーダーのトレーディング方法も簡単に触れられていて、おもしろそうです。

ずっと使えるFXチャート分析の基本 (シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方)
ずっと使えるFXチャート分析の基本 (シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方)

値動きの分析方法を身につけます。

去年は途切れがちだったブログの更新も今年はがんばりたいので、あまり欲張らずにやっていきます。

【注意】
本コンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではありません。場合によっては損失が生じることがございます。リスクについて十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任においてご利用ください。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切の責任を負うことはありません。

コメント、トラックバック

No Trackbacks.

タイトルとURLをコピーしました