ハリーポッター魔法同盟を始めてます

ハリーポッター魔法同盟 魔法同盟

ポケモンGoに続く位置ゲー、ハリーポッター魔法同盟 Wizards Unite。日本で配信されてからずっとやっている。ポケモンGoよりもターゲットが出やすい感じだから、遊びやすい。

魔法省IDの設定は悩まない

いつもゲームを始める時に面倒なのが、初期設定。遊んでみたいのに設定で手間取ると、やる気がなくなってしまう。
魔法省IDの設定画面でいろいろ設定できるが、とりあえず、職業と杖を決めて、残りはゲームの世界に慣れてきてからでいい。杖も後回しにできるのかな?

ホーム – Harry Potter Wizards Unite
『ハリー・ポッター:魔法同盟』は、J.K.ローリングの魔法と冒険の世界や「ハリー・ポッター」シリーズを題材とする、位置情報サービスを利用したARゲームです。『Pokémon GO』、『Ingress』の制作で知られるNianticとWB Games San Franciscoがお届けします。

ファウンダブルを回収するゲーム

「地図上に現れた痕跡をタップして、切り替わった画面で指示に従って画面をなぞってコンファウンダブルを退治し、つかまっていたファウンダブルを回収する」ゲーム。
と言われても、わかったようなわからないような。

この、紫色の丸い奴や黄色で光を放っているのが痕跡。これをタップするとコンファウンダブルを退治する画面になる。で、Ingressでいうところのグリフハックをやるのが退治。

痕跡を見つけるために歩き回る(それだけではないのだが)必要があるのだが、歩かなくても意外と出現する。ポケモンよりも出てくる感じ。これをタップして指示通り画面をなぞって…というのをやっているうちに、レベルアップする。はじめのうちは。

痕跡をタップするときに必要になるのが、呪文エネルギー。これがなくなると、痕跡をタップできなくなるのでゲームが進まなくなる。
呪文エネルギーは宿屋と言われる所で操作すると補充できる。宿屋は、ポケモンGoでいうところのジムと同じ場所にあることが多い。なので、あちこちにある宿屋でエネルギーを補充しながらプレーすることになる。

回収したファウンダブルのコレクション

回収したファウンダブルは、「登録簿」という画面で確認できる。

登録簿

カテゴリー別に画面が用意されているので、ハリーポッターを見たことのある人なら、「あの話で出てきた!」と楽しめるだろう。

宿屋とか温室とか砦とか

呪文エネルギーを得るために宿屋にいくというのは既に述べたが、他にも、温室や砦がある。
温室では、魔法薬の原料となる草花を植えることができる。ファウンダブルと同じように画面に現れることもあるが、これを集めて魔法薬を作ると、コンファウンダブルを倒しやすくなったり、ファウンダブルを回収した時の経験値が多くもらえるようになったりする。
砦は、ポケモンGoで言うジムみたいなところ。敵をやっつけてファウンダブルを回収する。チームプレーもできるが、ポケモンGoよりもソロプレーヤー向けになっている。

いろいろあるが、絵柄で好みが分かれる?

デイリー任務をこなすと呪文エネルギーやゴールドなどがもらえたり、毎日起動するとボーナスがもらえたり、イベントがあったりと、いろいろ仕掛けがあって楽しめる。
が、欧米のゲームらしく、絵柄が原作、というか、映画/DVDに寄せてある。ポケモンGoほど万人受けする絵ではないので、好みはわかれるだろう。

そういう意味で、大人向けの位置ゲーかな。

コメント、トラックバック

No Trackbacks.

タイトルとURLをコピーしました