Mission Day Yamatoでミッションに挑戦

スポンサーリンク

MissionDayとは

Ingress ミッションデーとは|イングレス初心者講座 わんこ団子 – kakeru(かける)を参照。以上。

というのはあんまり?でも、それ以上の説明をするとなると、「Ingressとは…ポータルとは…」というところから始めることになるわけで。
Missionとは、大雑把に言うと、陣取りゲームの拠点となっている「ポータル」をいくつか回ること。各Missionによって、どこを回るか定められている。
MissionDayとは、エージェント(Ingressのプレーヤー)が運営する「公式」イベント。なので、自治体が主体になってやることも、ある。人(プレーヤー)を集めることができるので、認知度を高めるいいチャンスになる。
一方、プレーヤーは、Missionを完了するとMissionメダルというものがもらえる。「メダル」はプレーヤーのレベルを上げるにあたって重要なもので、「メダル浪人」なんて言葉もあるくらいだ。

MissionDay 2回目の参加

前回参加したのは、7月の東京でのMissionDayだった。

Agents, we invite you to discover and explore Tokyo on Sunday July 17, 2016 after the Aegis Nova Anomaly. In collaboration with the Miraikan (The National Museu...

前日の夜中にスマホが突然うんともすんとも言わなくなって、当日、中古屋がオープンすると同時に入店、同じ機種を探して購入したのがお昼(この手のお店は開店時間が遅い)。充電しながらSIMの設定やアプリのインストールをして、表参道原宿渋谷のMissionをギリギリこなしたのだった。

今回はトラブルなく参加。

近場、というほどではないけど、電車で1時間だった。レアポケモンの巣を巡るようになって、遠出を気にしなくなった。

今回もメダル獲得には3つのMissionのクリアが必要。事前にどのMissionがどこをまわるのか調べて、クリアすべき3つを決めておいた。引地台公園までいくのと帰るの、大和駅周辺をまわるやつ。

公園というか、大和スタジアムにドカベンの像があるなんて、知らなかった。
選んだ3つは、どれもポータルを回る順番が決まっているものだったので、迷うことなく2時間くらいで終了。ポケモンGOやりながらだったので、ペースは遅め。

Missionは事前調査が重要

Missionをバンバンやっているプレーヤーには当たり前だろうけど、事前の調査は重要。特に、ポータルを回る順序が決まっていないMissionについては、どの順番で回るか事前に決めておかないと、何度も同じ交差点を通る羽目になったり、最後にスタート地点のすぐ脇にあったポータルまで戻ったりということが起きる。最後の方にハードな内容が設定されていることもあるので、苦労が無駄にならないよう、最後までやり切れるように準備しておくことが大切だ。

Ingress

無料
(2016.11.03時点)

App Store

posted with ポチレバ



↓よかったらお知り合いにもシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローしませんか?

コメント、トラックバック

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.